フケ症と市販薬


フケ症の中でもとくに厄介なのが脂漏性皮膚炎。フケ症に悩まされている男性の多くはこの脂漏性皮膚炎が原因とも言われています。それだけにまずこの皮膚炎を治すことがフケ症の対策に不可欠となります。

頭皮に炎症が発症している状態ですから、シャンプーや食生活の改善といった日常生活のケアだけでは十分な効果が得られない可能性もあります。また、放置しておくとさらに悪化し、フケの量が増えたり、いたみやかゆみがひどくなる恐れもあります。なかなか症状が改善されない場合には薬による治療も検討しなければなりません。

脂漏性皮膚炎の治療に使用される薬は医師に処方されるものと、薬局で購入できるものの2種類があります。理想としては医師の治療を受けながらの投薬が求められますが、通院している時間がない、費用がかかりすぎるといった理由でなかなか足を運べない人も多いでしょう。そんな人には市販薬がお勧めです。では脂漏性皮膚炎の治療ではどのような市販薬が使用されているのでしょうか。

代表的なところでは「ニゾラール」や「ケトパミン」、「アンフラベート」などが挙げられます。これらはクリームタイプとローションタイプの2種類があり、好みに合わせて選択することができます。頭皮の場合はローションタイプの方が塗りやすいかもしれません。ほかにも「デルモゾール」や「ニトラゼン」なども脂漏性皮膚炎に効果を発揮する市販薬として知られています。

脂漏性皮膚炎によるフケ症の対策をしようにも、よい方法が見つからないという人も多いでしょう。そんな人はこうした市販薬の力を借りてみてはいかがでしょうか。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 フケ症シャンプーで健康な頭皮に改善しよう!. All rights reserved