フケ症の原因


フケ症の原因のひとつに脂漏性皮膚炎があります。とくに男性に発症しやすい皮膚疾患で、これがもたらすフケに悩まされている人も少なくありません。フケというとカサカサした白いものがイメージされますが、脂漏性皮膚炎がもたらすフケはベトベトしており、大きな塊になっているなどの特徴が見られます。

フケ症の人にとっては深刻な悩みとなる脂漏性皮膚炎。しかし発症する原因はまだはっかりとわかっていません。疲労やストレスの蓄積、食生活の乱れなどが挙げられていますが、明確な理由は判明していないようです。ただ、直接の要因には有力な説があり、マラセチアという真菌によるものといわれています。

このマラセチアはカビの一種。体内にカビが繁殖しているのか、とショックを受ける人もいるかもしれませんが、この真菌はもともと体内に常在している菌です。通常の活動をしている限りにおいては、とくに問題はないのですが、なんらかの原因によって活動・繁殖が活発化してしまうと皮膚に問題を起こすことになります。

マラセチアの繁殖は皮脂に関係があると言われています。皮脂をエサに異常繁殖が進み、それが皮膚の炎症をもたらしてしまうわけです。ですから脂漏性皮膚炎の予防・対策はまず余分な皮脂を除去し、マラセチアの繁殖を防ぐことが最も重要なポイントとなってくるわけです。それには日々のシャンプーによる衛生環境の維持のほか、ストレスや食生活の乱れがもたらす皮脂の分泌量の増加にも注意しなければなりません。先に挙げた脂漏性皮膚炎の原因といわれる日常生活の乱れもこの皮脂の分泌量と密接に関わってくるのです。ですから頭皮ケアだけでなく、日々の生活そのものの改善を行うことも欠かせないポイントとして踏まえておく必要があります。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 フケ症シャンプーで健康な頭皮に改善しよう!. All rights reserved