脂漏性皮膚炎の判断


脂漏性皮膚炎によるフケ症はできるだけ早い段階での対策が望まれます。放置しておくと炎症が進行し、ますますフケの量が増えるほか、毛穴が化膿するなどさまざまな問題をもたらすからです。また、悪化すれば悪化するほど治療が困難になるほか、再発のリスクを抱えやすくなります。

そのためには早めに発見し、適切な治療を行うことが求められます。しかし、脂漏性皮膚炎は他の皮膚疾患と間違えられることも多く、それが早期治療の妨げになってしまうことも少なくありません。

間違えられやすい症状の典型例がかぶれとニキビ。どちらもかゆみや炎症が発症するため混同されることが多くなります。違いとしてはかぶれは急性に発症しやすい、範囲が限られていることなど、ニキビの場合は湿疹が目立ちやすいとことなどが挙げられます。もちろん、フケの量や質の変化も重要な比較ポイントです。

もうひとつ注意したいのがアトピー性皮膚炎。これも湿疹が伴ううえ、脂漏性皮膚炎と同様、激しいかゆみに悩まされる特徴を持っています。違いとしては脂漏性皮膚炎は中高年の男性に発生しやすいのに対し、アトピー性皮膚炎は若年のうちに発症するケースが多いこと、頭皮以外にも発症するケースが多いことなどがあげられます。この場合、シャンプーを頭皮に優しいものに変更したうえで経過を見極めると判断がつきやすいようです。

このように、脂漏性皮膚炎と間違えられやすい皮膚疾患との見極めが重要となります。フケ症に悩まされている人はまずこの点から確認してみるとよいでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 フケ症シャンプーで健康な頭皮に改善しよう!. All rights reserved