清潔意識が大切


フケ症は不潔な人間がなるものといわれていますが、実際にはしっかりとシャンプーを行っている人にも発症することがあります。単に洗髪を行っているかどうかとは異なった清潔意識が求められます。

とくに脂漏性皮膚炎が原因のフケ症の場合は清潔に対する考え方を根本から改めなければならないケースが多いようです。とくに現代社会は過剰なくらい清潔意識が強いため、それがフケ症にとっては逆効果をもたらしてしまっていることもあるのです。

まず「洗いすぎ」に注意すること。フケ症に悩まされている人は自分は不潔なのだという意識が強すぎるあまり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使用したり、力を込めすぎて洗ってしまうといった問題が起こりがち。脂漏性皮膚炎の場合はとくに頭皮に炎症が発症している状況ですから、刺激の少ないシャンプーで、優しく洗うことが重要となります。市販のシャンプーでは洗浄力と刺激の強さが比例することが多いため、シャンプー選びがまず重要となってきます。

また、シャンプーの際には剥がれ落ちる皮脂や角質をしっかりと落とすことが大事です。これも無理やりに頭皮からこそぎ落とすのではなく、あくまで丁寧に洗いながら表面に残ったカスを落とすような感覚で洗っていくことが重要になります。また、表面を綺麗にするだけでなく、毛穴の奥の汚れをしっかり落とすことが求められ、頭皮をマッサージする感覚でもみほぐすように洗っていく方法がポイントとなります。

どうしても表面の清潔さばかりが求められがちですが、脂漏性皮膚炎とフケ症の場合は毛穴の奥まできれいにする意識がまず大事になってきます。そしてあくまで肌に優しく、いたわりながら洗うこと。これまでの清潔意識やシャンプーの方法を見つめなおした上で改めてフケ症対策を行ってみてはいかがでしょうか。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 フケ症シャンプーで健康な頭皮に改善しよう!. All rights reserved