ストレスが悪影響


脂漏性皮膚炎によるフケ症は不潔な人ばかりがなるものではなく、日常生活のさまざまな側面に要因が潜んでいるといわれています。その中でもとくに現代人に多い原因とされているのがストレスです。

現代社会はストレスまみれと言われています。職場の厳しいノルマや人間関係など、日々の生活の中でストレスに晒される機会が多いのです。ストレスが蓄積すると自律神経が乱れてしまい、それが皮脂の分泌量にも影響を及ぼし、フケ症の原因となってしまうのです。脂漏性皮膚炎によるフケ症は皮脂をエサにした真菌の繁殖によるものといわれており、ストレスは直接的ともいってもよい原因となります。

イライラするとフケが出やすいといわれますが、それも皮脂の分泌量が増えることが大きな要因といえます。ですからストレスとうまく向き合うことが脂漏性皮膚炎、あるいはフケ症対策には不可欠なのです。

問題なのはストレスを溜め込まないこと。日々の生活の中でストレスを感じずに過ごすのは不可能といってもよいでしょう。それだけにストレスとうまく付き合い、適度に発散することが求められます。日常生活の中でリラックスできる環境、時間を用意すること、あるいは没頭できる趣味を持つこと。休日に自分の好きなことをして過ごすだけでもかなり効果が期待できます。

フケ症というとどうしても頭皮ケアにばかり意識が向いてしまいがちですが、こうしたストレス対策も重要なポイントとなってくるのです。とくに脂漏性皮膚炎にかかりやすい中高年の男性はストレスを抱えやすい傾向があるので注意したいところです。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 フケ症シャンプーで健康な頭皮に改善しよう!. All rights reserved